Ultimate Direction AK RACE VEST その2

Ultimate Direction AK RACE VESTの紹介です。

全体はこんな感じです。

画像


画像


ベストは薄いメッシュ状です。そのおかけで非常に軽いのですが、防水性は
まったくありません。夏場に使用する場合は、防水のスタッフバックか何かに荷物を
入れておかないと汗まみれになるのは必須です。

荷物をしまう口はこんな感じです。ジッパーなどはなく、蓋は出来ません。

画像


荷物を詰め込んでバンジーコードでこのように止めるのでしょう。

画像


両サイドのハーネス部分には小さなポケットが。

画像


そのポケットにジェルを入れるとこんな感じ。

画像


Ultimate Direction のフラスコを入れるとこんな感じ。

画像


個人的にはフラスコの収まりが良いので、レースで使うときは
フラスコに入れると思います。

また、ボトルケースの下にも小さいポケットがあります。

画像


ジェルと入れるとこんな感じです。飛び出ます。

画像


どちらかというと、塩熱飴なんか小物を入れたり
あとは、Suicaなどの電子マネーを入れるのが良いかと思います。

画像


背面にもちいさなポケットがあるのでジェルを格納できます。

画像


一応、ハイドレーションも使えるみたいで、下の写真の穴から
ホースが出るようになっています。

画像


ただし、僕が持っているSOURCEの2Lのハイドレーションはデカくて入りませんでした。
たぶん、1.5Lぐらいが妥当なんだと思います。

AK RACE VESTを使うシーンですが、ミドルディスタンスのレースで使うのかなと思います。
水はボトルに格納し、ジェルはフラスコに入れてハーネスのポケットに。
バックパックには防寒具や予備の水分、ジェルを入れておくのかな。

とりあえず、当面は三浦半島縦断トレイル、あと申し込めればだけどハセツネ30k,、北丹沢12H山岳耐久レース
なんかで使おうと思います。

Ultimate Direction AK RACE VEST その1

ある日、Facebookを見ているとUltimate Directionから
「All 3 Signature Series Vests are Back In-stock!」と書き込みが。

お、これはSignature Seriesがまた、売り出したのか!と思い
Ultimate Directionの直販サイトにGO!

確かに今まで売り切れていたのが、再び販売していた。
なにげに、AK RACE VESTが欲しかったのでUltimate Directionの直販サイトで
購入手続きをと思ったが、どうやら海外への出荷はしていないみたいだ・・・

そこで、他の海外通販サイトで探すが、まだ入荷していないか送料が結構高かった。。。
いろいろ探してみると、それなりの送料で日本に送ってくれるところを発見!!
早速購入手続きをしてポチット購入。

どうやら安い理由としてはUSPS(アメリカ合衆国郵便公社)が送付をやっているかららしい。
また、送られてきたメールを見ると最大4週間はみておいた方が良いとのこと・・・

まじかよ!?と思いましたが気長に待つことにしました。

気長に待つこと10日程度、なんと届いているではないですか!!やるじゃんUSPS!!
ただ、嫁に聞いたら物はポストに突っ込まれていたらしいです。扱いは郵便分なのね・・・

で、到着した「AK RACE VEST」はこれです。

画像


画像


最近は円安になっていますが、送料込みで9300円ぐらいでした。

次回は、細かい紹介をします。

Salomon Soft Flask 500mL/16 oz が気になります。

Salomon Soft Flask 500mL/16 ozが気になります。

NHK の 「Ultra-Trail Mt.FUJI -The Ultimate Race-」番組の中で

優勝したジュリアン・ショリエが水分補給をする為に、使っていたと思われる物です。

番組の中で、ジュリアンはバックパックのハーネス部分のポケットに、これを収納したり

バックパックの中に直接しまっていました。

エイドではサポートのジュリアンの奥さんが、空のフラスクと交換していました。

よく見ると、ジュリアンはハイドレを使っていないように見えます。

確かに、補給のときにハイドレに水を入れるよりも、容量が大きめのソフトフラスクを

使って交換する方が、時間的に迅速にできるかもしれません。

また、ソフトフラスクの重量も26gなので、4本もっても104gとハイドレよりは軽いかも知れません。

ハイドレは、水があとどれぐらい残っているのわからない点もあるので、水分補給の

ツールとしては大いに選択肢の一つになると思います。

画像


日本では4ozや8ozはあるのですが、16ozはまだないです。

いつ発売するのでしょう。

三浦半島縦断トレイルラン大会のゼッケン到着

三浦半島縦断トレイルラン大会のゼッケン到着が到着しました。

画像


番号はエントリー順です。僕はだいぶ早いエントリーでした

実は主催のNPO野外活動(自然体験)推進事業団のホームページでは
エントリーが開始してもすぐに通知しおらず、2、3日してから掲載していました。

僕はたまたま、マラソンエントリーをつぶやくTwitterをみて偶然知り、
エントリー開始してからすぐに申し込みました。

そんなわけで1、番号が早くなったのだと思います。

大会で道に迷わないように、また試走に行きたいと思います(^_^)

HAGLOFS ACTIVES WARM BEANIE

寒さ対策のトレラングッズ第二弾!

HAGLÖFS ACTIVES WARM BEANIE

画像


ともかく、頭が寒い。もしくは頭が熱い。。。
ラニングする時は主にニット帽をかぶっています。

正直、結構な汗をかくし、ラニングが終わった後だと頭がだいぶ濡れている。
これは耐えられないという事で、ラニング用のビーニーを探しました。

最初は、「Salomon レースビーニー」にしようと思ったが、実物を見たところ
結構ピッチピッチでやめました。どちらかというとダボッとした物が欲しかった。

次に目を付けたのが「SmartWool PhDHyFiトレーニングビーニー ブラック」。
ネットで評判が良いのと、ウールなので汗の吸収が良いのではないかと思った。
ただし、楽天、アマゾンで探したがどこにもなかった。。。

そして、最終的に選んだのが「HAGLÖFS ACTIVES WARM BEANIE」
ちょっとダボッとして、汗抜けもよさそうじゃんという事で購入。

以下、商品説明
------------------------------
寒冷地や過酷なコンディション下に対応したメリノウールと合成繊維混合素材使用ビーニー。

マイクログリッドバッカーの採用で優れた保温・速乾性の実現。
肌触りのよい素材使用。
ウール素材により保温・吸湿性を向上。
ウール素材による天然消臭機能。
身体の動きを妨げないストレッチ素材。
シームを最小限に抑えてソフトしたことで快適性を向上。

重量:29 g
素 材 : 78% Polyester, 18% Merino wool (Mulesing free), 18.5 micron, 4% Elastane,
stretch fleece with microgrid backer, 172 g/m2
------------------------------

説明にもあるが、メリノウールであるので、吸湿性は非常によい。
これは、トレランの靴下にウール素材の物を使っているので体感済み。

裏地は、若干凹凸があり非常に肌触りがよい。

画像


実際に使ってみると、寒くなく、運動しても暑くならないちょうど良い感じです。
走り終わっても頭は汗でビショビショになるような事はない。

かぶった感じはこんな感じ。

画像


子供からは、こういう帽子をかぶると似合わないと言われるが、
本人的には非常に満足しています。

今年の冬の費用頻度は、相当高いと思われます。

よこはま月例マラソン

よこはま月例マラソンに会社の同期のhinagoと参加してきました。

この、マラソン大会は毎月第3日曜に開催されており、
1km,3km,5km,10km,20kmの距離を自由に選択して走れます。
(20kmは6月~9月は休み)

僕は10kmに参加しました。

画像


9時に会場につくつもりでしたが、準備に手間取り到着は9時20分。
受け付けはスタートの開始30分前ぐらいまでなので、相当ギリギリでした。

会場ではhinagoが待っていてくれて、無事に会うことが出来ました。
急いで着替えをすまし、スタート地点へ。
自転車で行ったのでウォームアップはほぼ完了。
スタートまでストレッチをして待ちました。

コースは新横浜駅前公園からスタートし鶴見川ランニングコースを走ります。
東横線、新幹線の下をくぐり樽綱橋を少し行ったところを折り返して新横浜駅前公園
に戻ります。20kmの場合は、これを2往復です。

コースはこんな感じです。

画像


最近ロードの大会は出ておらず、どれぐらいで10km走れるか正直不明でした。
一応目標は45分を切るのを目標に。

レース中はいい感じのペースで走っている人を見つけ走りました。

その結果、自分の時計で42分6秒でゴール!!
想像以上のタイムを出せました。

将来的には40分切れるように頑張りたいと思います。

鎌倉アルプス トレイルラン

本日、早朝から鎌倉アルプスを走ってきました。

北鎌倉から港南台へのコースです。

横須賀線の始発に乗り込み、一路、北鎌倉へ
#横須賀線って朝の4時台から始発はあるのね。。。

5時20分ぐらいに北鎌倉に到着。当たり前だが、まだ真っ暗です。

大船高校のあたりから六国見山に入ります。ここからヘッドランプをつけました。

六国見山を経由して、天園ハイキングコースへ。

朝早いという事で人の気配はなかったです。

大平山近辺で夜が明けてきました。

画像


天園を通過して一路、港南台方面へ!と思ったのですが

5分ぐらい走ったら行き止まり・・・痛恨のコースミスorz

来た道を戻り、気を取り直して港南台へ。

それにしてもよく道に迷う・・・

若干道が違うなと思うのに、結構な距離を行ってしまう。

これからは、少し道に違和感が出たら慎重に行動しよう。

金沢市民の森を走り無事に港南台へ。

予定の時刻より20分遅い7時5分ぐらいに到着です。

下の写真は、港南台近辺でとった富士山です。

空気が澄んでいてとても富士山が綺麗でした。

画像


最初は、暗すぎてトレーニングにならないのでは思ったが、

結果的には飛ばしすぎずよいペースで走れました。また来ようと思います(^ ^)